福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

ブータンに行ってきました

IMG_0718


RIMG0966



幸福の国ブータン。
なぜブータンが「幸福の国」といわれているのかを肌で感じることができてほんとうによかったなあって思います。テレビで見るのと全然違ったよ~!ブータン、本当に最高でした。

きれいな山ときれいな川ときれいな空気。
もうそれだけで、生きててよかったーって感じさせてくれる。
一面に田んぼが広がっていてみんなで脱穀していたり、牛や馬や犬が歩いていて、まるで昔の日本にタイムスリップしたような感じ。
ちなみにガイドブックには、江戸時代の日本のようですと書いてありました。

素朴な笑顔のブータン人。物質的には貧しいかもしれないけど、こころが満たされているんだろうなあ。みんなすごくいい表情。ありのままで自然体。みんなに仏教の教えが根付いているので、こころの大切さを感じながら暮らしているのもあるんだろうなあと思いました。旅人に対しても態度が変わらないのもうれしかったな。

現地ガイドのドルジさん(ブータン旅行には必ずガイドがつきます)が教えてくれたけど、ブータン人は仕事も夕方には終わらせて(残っていてもそれは明日やるんだって!笑)、家族との時間を大事にするんだって。普段からよく歩くから健康。ドルジさんは休みの日はマウンテンバイクや弓をするらしい。なるほどブータン人にはメタボという言葉は縁遠そうです。笑

こんな美しい自然の中で、のんびり仕事して、おいしいものを食べて、笑って、運動して、家族との時間を大切にする。とってもシンプル!!!そりゃあ幸せだー^^
きっと日本もすこし前まではこういう暮らしだったんだろうな。
わたしたちが見失ってしまったことを思い出させてもらえたような気がします。

農家にホームステイしたり(感動的なお別れはなくあっさりだった笑)、ブータンの映画館に行ったり(ベタな恋愛映画で超おもしろかった!)、ブータン式のおんぶの仕方をおしえてもらったり(ドルジさん夫婦が使っていたおんぶひもをプレゼントしてくれ感動)、民族衣装を着たりしました。あかりを通じての人とのふれあいもまた楽しかったです。たくさん可愛がってもらいました。
今もブータンのことを思い出すだけでこころがほっこりします。
また詳しく書いていきたいなあと思います。

あと、ブータンで36歳になりました。笑
お祝いコメントとっても嬉しかったです。ブータンでそれを読んでちょっぴり泣きそうでした。
つながってくれてありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします^^

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。