福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

鹿児島に帰省してきました

image

あかりとしおりと共に鹿児島に帰省中です。
毎年恒例!母の手作り、ブルーシートのプール。
ワイルド〜〜。笑


image
高いところからスライダーもできるので
子どもたちは大喜びでした。



image

実家のにゃんこは
子供が大好きでいつも側によってきます。

image
庭のローズマリーを摘むあかり。
田舎ならではの体験がたくさんです。

image

近所の海岸には夕日を見に。
たっぷりと癒やされました。

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

自己受容のための素晴らしいツール

MG_2485_860px


昨日、ヨガセラピーの
個人セッションを受けました。
ただただ、すばらしかったです。

私自身もこのヨガセラピーのセラピストになるための
トレーニングを途中まで受けていて
続きは子育てが一段落してからと思っていますが、
今回改めて、セラピストになりたいって
強く思いました。

ヨガセラピーとは
ヨガのポーズを通して(からだをつかって)
こころにアプローチしていくセラピー
と言えばいいでしょうか。
ヨガをやったことない方でももちろん
受けることができます。
フェニックス・ライジング・ヨガセラピーの詳細はこちら


セッション中、
身体を感じているとなぜか
何の制限もなく自由だった頃の
幼い自分が思い起こされました。

ああそうだ、わたしにもこんな頃があった。
その頃の、
のびのびと生きてたしあわせな感覚が
ありありと蘇ったんです。
初めての感覚でした。

わたしは本来こうだったんだ。
もっと自由に生きていたんだ。
もっと委ねていいんだ。
そのまんまでいいんだ。
そんなメッセージを受け取りました。
なんだかものすごく嬉しくてしあわせで
涙があふれました。

ヨガセラピーのすごいところは
そうしたメッセージが
誰かから言われるのではなく
『自分の内側から生まれる』
というところです。
だからものすごいパワフルなんです。

身体がいろんなことを教えてくれる。
身体さん、ありがとう。という気持ちになりました。
ヨガセラピーは
自己受容のための素晴らしい方法
だなあと改めて感じました。


相手を許せないのは
自分を許せていないから。
相手を批判するのは
自分を批判しているから。
だから自分が変わると
とりまく世界が変わっていく。
意識を紐解いていくのは
本当に面白いです。


ヨガセラピーを受けて
どんな体験になるのか。
それは予想できません。
きっとそのときそのとき
その人にとって必要なことが起きるはずです。


今回セッションしてくれたのは
福岡でヨガインストラクターとして活躍中の大倉美由紀さん
美由紀さんは今、セラピストになるためのトレーニング期間中(研修中)のため
今回はプラクティスセッションとしてやってくれました。

美由紀さんは引き続き
クライアントを募集しています。
(ヨガをやったことない方、男性を特に募集中とのこと)
興味のある方、ぜひ体験してみてください。

また福岡以外にも
トレーニング中の仲間がいますので紹介できます。
受けてみたいという方、もっと詳しくきいてみたいという方
わたしのほうまでお気軽にご連絡くださいね。
090-5294-5799
yokonangoku@gmail.com

Pocket

Posted in ヨガのこと コメントをどうぞ

9月のスケジュールとご予約状況

rp_d153961b-s.jpg

こんにちは。
ヨガスペースひだまりの陽子です。

しばらくお休みをいただいていましたが
9月よりレッスン再開することになりました。

レッスンの開催は
しばらく毎週日曜のみとさせていただきます。
(すでにチケットをお持ちの方で日曜に参加できない場合はご返金させていただきますのでお知らせください)

どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんとまた一緒にヨガできるのを
楽しみにしています^^


9月のスケジュールとご予約状況 
◯空きあり △残席少 ✕キャンセル待ち

毎週日曜
10:30〜11:45

4日 ×キャンセル待ち
11日 △残席わずか
18日 △残席わずか
25日 ×キャンセル待ち


============================
福岡市南区の小さなヨガ教室
ヨガスペース ひだまり

アクセス:福岡市南区大橋1-8-8 ジャストバレエスタジオ 5階
HP:http://www.hidamariyoga.com/

予約・問い合わせフォーム
http://www.hidamariyoga.com/form.php
✉ info@hidamariyoga.com  ☎ 090-5294-5799
===========================

Pocket

Posted in お知らせ・イベント情報, ヨガのこと コメントをどうぞ

母親との和解

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

産後に1ヶ月ほど
母が手伝いにきてくれていたのですが、
実は母とぶつかってばかりでした。

大したことでもないのに
私のほうが一方的にイライラしてして、
それをぶつけてしまう。

母には感謝しているのに、
嫌なことばかり言ってしまう自分。


わたしは一体何をやっているんだろう?
どうして母に優しくできないんだろう?
こんな自分自身にほとほと嫌気がさしていました。


そんなとき、
吉永めぐみさんという方の書いた記事
「母親に優しくできない原因」(母親の愚痴や弱音を聴くとイライラする)
をみつけました。
(一部抜粋)


===============

「母親に優しくできない原因」

あなたは子どもの頃、
母親の愚痴の聞き役になっていませんでしたか。
母親の愚痴の聞き役になることで、
母親に役立っていると感じ、
愛されていると感じていませんでしたか。
子どもは母親のしんどい思いを聴くと助けたいと思います。
お母さんが大好きだから。
そして、子どもは母親を助けるために
たくさんの我慢をし、
子どもらしくいることをやめて
母親の頼りになる存在になろうとします。
そうなることで母親の愛情を感じるし、
自分の存在価値も感じることができるからです。

===============


これを読んで泣けてしょうがなかった。
ああ、これまさにわたしだ、って思いました。

こころの深いところにある
なんだかよくわからないけど満たされない気持ち。
母をいつもこころのどこかで責めている気持ち。
その正体がようやくわかった気がしました。


そしてこんな気持ちに気づきました。
そうか、
わたしはもっと母に甘えたかったんだ。
母にいつも笑っていてほしかったんだ。
母にわかってほしかったんだ。
母に認めてほしかったんだ。って。


小さいわたしは
一生懸命、母親の役に立とうとしていたんですね。
なんて健気なんだろう。
こどもの頃の自分を
抱きしめてあげたくなりました。


そして今日
そのことを母に電話で伝えました。
母にわかってもらえたことで
わだかまりがスーッと溶けていきました。
二人で号泣でした。

母も若かったし父は亭主関白だったし
子育ても大変だっただろうと思います。
すごくすごくつらかった時期もあったそうです。
感受性が強かったわたしは
それを敏感に察知していた子どもだったのかもしれません。

それでも一生懸命育ててくれた。


母も大変だったし、
わたしも大変だった。
ただそれだけだった。

長い年月を経てようやく
母のすべてを受け入れられた気がします。


今ね、子育てしていてしみじみ思うんです。
子どもから無償の愛を受け取っているなあって。
わたしもこんな風に、母のことが大好きなんだなあ。

Pocket

Posted in 日々のこと 2 Comments

自宅出産をえらんだわけ

IMG_1607 助産師のみちえさんと。


今回、自宅出産という選択をしたのですが
はじめから自宅出産で産みたいと
思っていたわけではありませんでした。

ひとりめを助産院で産んだので
今回も同じ助産院でと思いましたが
転院してしまっていたため、
フリースタイルの産院で産むことにしていました。
設備は完璧でホテルのようにきれいなところで、エコーは4D!
助産院とは全然違う雰囲気に戸惑いつつも
これはこれで楽しかったです。


そんなとき、自宅出産をサポートしている
助産院マミータの田中みちえさんと
たびたびお会いする機会がありました。


妊娠中はちょっとしたことで
不安になったりするものですが
みちえさんにただはなしを聞いてもらうだけで
こころがすーっと軽くなるんです。
みちえさんの存在が愛そのものというか。。。

そしてすごいなあと思うのが
みちえさんは決して
病院を否定するわけでもなく
自宅出産をおすすめもしないところです。
どこで産むかはそれぞれの家庭が決めることだし、
しあわせだったなあと思えるようなお産ができれば
病院でも自宅でもどこでもいいんですよと。
ナチュラル志向にありがちな
ナチュラル=正しい
それ以外=間違っている
という考え方ではないところも
すばらしいなあと思いました。

みちえさんとお会いするたびに、
ああ、この人に赤ちゃんを取り上げてもらえたら
どんなにしあわせだろうという思いが
どんどんと膨らんでいきました。
妊娠8ヶ月の頃です。


ですが夫は大反対!
自宅出産はリスクがある、と。
夫の心配してくれているからこそ反対している
気持ちもわかるだけに、かなりつらかったです。
話し合いを重ねてもお互いにずっと平行線で
泣きながら喧嘩したときもありました。


さらに問題がもうひとつ。
胎盤の位置が低く(低置胎盤)
今後赤ちゃんが大きくなるにつれて
胎盤が上がる可能性もあるけれど
上がらなければ帝王切開になるかもしれないと。


みちえさんは
”最終的にどこで産むかを決めるのは赤ちゃん。
そしてその赤ちゃんの気持ちを一番感じてるのは陽子さん。
お腹の赤ちゃんに聞いてみて。”
そう言っていました。

もう妊娠8ヶ月というのに
どこで産むのか決まっていない焦りや葛藤、、、
とても苦しかったです。


妊娠9ヶ月に入り
夫もわたしもお互いすこしずつ歩みよることができ
自宅出産でも病院でもいいと思えるようになっていました。
そして
「病院でも自宅でもどちらで産まれてもいいように
病院の検診とみちえさんの検診と同時進行して、
あとは赤ちゃんに委ねよう」
という結論に至りました。

そして迎えた、みちえさんの妊婦検診。
なんとたっぷり100分。
それはそれはしあわせな時間でした。

みちえさんが優しくからだに触れながら
こうガイドしてくれます。
”赤ちゃんを育んでいる身体に感謝を向けて。
元気に成長してくれているお腹の赤ちゃんに感謝を向けて。
サポートしてくれているご家族に感謝を向けて。。。”

自分自身と
お腹の赤ちゃんと
やさしくつながるひととき。
テルミー(温熱刺激療法)や
アロママッサージやクラニオもしてくれました。
みちえさんの検診が終わったあとは
しあわせな気持ちで満たされました。

たとえ自宅出産できなくても
みちえさんの検診を受けられただけで
こころから幸せでした。

それから、みちえさんのすすめで
豊池さんのホメオパシーにも行ってきましたが、
これがまた素晴らしくよくて
自分の中でたくさんの浄化がおきました。

お腹の赤ちゃんには
「お母さんは自宅で産みたいなあって思うけど、
でもどこで産まれてもいいからね、安心して出ておいでね」
と語りかけることができました。


783b75ac0ed3dc8c2c1bf72ed605d93f_s

そしてその1週間後。
なんと胎盤が上がっていたのです。
ようやく自宅出産の許可をいただけて、、、
もう嬉しくて嬉しくて。
出産予定日まで1ヶ月半の34週でした。


ここまでの道のりはほんとうにいろんなことがあって大変だったけれど
それによって家族の絆が深まったり
あらたな気付きがあったり
どれもこれも必要なプロセスでした。
お腹の赤ちゃん、すごい子だなあ。笑


自分の本能の声に従って
自宅出産を選択して本当によかったです。


自宅で産むというのは
お産が特別なものではなく生活の一部だということを実感できました。
あかりは赤ちゃんが出てくるのをみていたせいか
「あかりちゃんの赤ちゃんなの」と
可愛くてしょうがない様子です。

image

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

二人目が産まれました

大潮の波にのって5月20日
2900gの女の子が誕生しました。


image


家族みんなに見守られながら、
念願の自宅出産を経験できました。
とてもしあわせなお産ができたことに感謝です。



image



IMG_1436



IMG_1435



13248460_10209115639229435_410155654522330843_o



IMG_1447



IMG_1459



IMG_1490



IMG_1516



IMG_1537

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

出産予定日まであと5日

お腹が重い。。。
気分は小錦です。


二人目出産とはいえ
一回一回のお産は全く違うもの。
お産がいつくるんだろうと
ドキドキそわそわしていたら
助産師のみちえさんからこう言われました。

『お産を待たずに普段通り
どんどん出かけていいし心地よく過ごしてね。
お産は日常の中にあるから』と。

お産を待っていると
いざお産ってなったときにすでに疲れちゃった。
ということもあるんだそうです。
なるほどー。

というわけで普段通りに生活しています。
家の中のありとあらゆる箇所をピカピカに掃除したり
(なぜか掃除好きになりました。今だけ?!)
カフェに行ったり
鍼灸やマッサージに行ったり。
今のうちにやっておきたいことは、
すべてやりつくした感じ。

あとはあかりとゆっくり過ごしたくて
ふたりで動物園に行ってきました。
楽しそうな姿を見れてよかったよかった^^


image
ヤギさんに餌やり

image
小さい観覧車に一緒に乗ったら結構怖かった!

image



あかりのときは春日助産院でしたが、
今回のお産は「自宅出産」を選択しました。

どんなお産になるんだろう。


こんなお産になったらいいなという理想はあるけれど、
すべてをコントロールすることはできない。
コントロールすることと委ねること
お産にはその両方が大切なのかもしれません。
自宅出産はより「委ねること」の比重が大きいのかな。


つい、いろんなことをコントロールしてしまいたくなるわたしにとって、
委ねるってとても難しいことだけど、
赤ちゃんと自分の力を信じて
委ねていけたらいいな。

居心地のいい子宮の中からこの世界に出てくることは
赤ちゃんにとって、とても勇気がいることです。
でも自分で「生まれる」と決めて出てくる赤ちゃん。
お腹にその生命を宿したときから
小さな身体で、必要なメッセージを伝えてくれる。
すごい存在です。
会えるのが楽しみです。

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

37週に入りました

image

37週になり、いつ生まれても大丈夫という時期に入りました。

助産師のみちえさんからは、
動物的な暮らしをすること
(早寝早起き、スマホやパソコンは控える、活字を読まないなど)
そして、
ここまできたらあとはもう
のびのび好きなように楽しく過ごすように言われました。


これまでは夜中12時に寝ていたんですが、
夜21時にあかりと一緒に布団に入るようになりました。← 極端


お産はココロもカラダもすべて解放していくことが大切です。
そのために、
お産するときには、
どの部屋で、どちらを向いて、
どんな体勢で産みたいか、
誰に付き添っていてほしいか、
好きな音楽、
心地いい照明、
好きなアロマ、など・・・
自分ができるだけリラックスできる環境を整えてのぞみます。

みちえさんいわく、
何が安心するかは人それぞれなので、
どこで産むにしても、
できるだけ遠慮せずに自分の要望(ここだけは譲れないことなど)を
伝えることが大事だそうです^ ^

予定日の5月23日の前日がちょうど満月。
この大潮の流れにのってくるかな?


そんな中、あかりは魔女の宅急便をみて空を飛ぶ研究中。
ホウキにまたがってジャンプしては
「どうして飛べないんだろう〜」と言っています。
かわいい・・・。

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

めざせ!シンプルライフ

image


巣作りの本能なのか、
ここ1ヶ月ほど毎日少しづつ
断捨離&片付けをしています。

部屋がすっきりキレイに片付いていくのが
たまらなく気持ちいい。
今回の片付けについてまとめてみました。


【本】 旅行のとき使ったガイドブックは記念にとっていたのですが思い切って手放しました。今後行くかも?というガイドブックも、情報はどんどん古くなるので、必要なときにまた購入すればいいということに。めったなことでは読み返さないような本もすべてブックオフへ。


【手紙】 読んでみて「今の自分」が元気がもらえるものだけ残せばいいらしいです。学生時代に友達とやりとりしていた手紙もたくさん実家に残してあるので、帰省したときに処分しようかと思います。


【取扱説明書】購入したものの保証書&取扱説明書をすべてとってありましたが、取扱説明書を読み返すことはほぼないし、必要ならネットでも調べられるのですべて処分。保証書だけにすることでかなりすっきり!


【衣類】 ブランドものはZOZOTOWNへ。洋服やバックや靴など約20点を売ったら1万円くらいになりました。家にあったダンボールに入れて郵送するだけなので簡単(送料も無料。査定金額に納得いかないものは返してもらえます)。夫の衣類などは、福岡でホームレス支援をしているところに持っていきました。なぜか取っておいた片方しかないイヤリングは処分。


【台所】コンロ周辺に出していた調味料などをすべて戸棚や冷蔵庫にしまうようにしました。油汚れもホコリもつかないし、掃除しやすくなってすっきり!


【お風呂】お風呂場に置くものも最小限にすることで、ヌメリも気にならない。掃除しやすくなりました。


【フライパン】「リバーライト極み」という鉄のフライパンを購入したらこれが最高に良い。思っていたより重くないし、手入れもお湯でさっと洗うだけ。というわけで、それ以外のフライパンはほとんど出番がなくなったので処分。鉄のフライパンは劣化もしないし、すごくおすすめです!


【洋服のボタン】購入した洋服についている布&ボタン。いつか使うかも?と取っておいたけど、使うことはほぼないということがわかり処分。


【カード類】使わないクレジットカードは解約。ポイントカードもめったなことじゃたまらないので、しょっちゅう行くお店のもの以外は処分。ポイントカード自体もなるべく作らないようにしたい。


【その他】もらったけど使ってないもの、使い心地の悪いもの、余った収納棚などなど、引き取ってもらえそうなものはリサイクルショップへ。二束三文にしかならないけど、食器やタオル以外はほとんど引き取ってもらえるので、助かりました。


【まとめ】
片づけ本をたくさん読んで今回学んだこと。
とにかく「いろんなものを出しておかずに、しまうようにする」「なるべく床に置かない」「置くよりひっかける収納にする」だけでも、見た目のすっきり感と掃除のしやすさが全然違うということ。ホコリもたまらない。気づいたときにさっと掃除できるので、まとめて掃除しなくていい。いいことづくめということがわかりました。あと、ついつい、これ誰か使うかも?と考えていましたがそれもやめました。それよりも、リサイクルショップなどに持っていくことでスムーズに片付きました。無駄な買い物もたくさんしてきたので今回の反省をいかしてシンプルに暮らしていきたいです^^

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

スタジオおやすみのお知らせ

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_s

こんにちは。鈴木陽子です。

臨月に入りましたので、
5月より産休をいただくことにしました。
ヨガスペースひだまりは2〜3ヶ月、
すべてのレッスンをお休みさせていただきます。

みなさまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

チケットなどお持ちの方はおやすみの期間、
延長していただけますので再開したときにご相談ください。

また、5月7日(土)に福岡の春日公園にて青空ヨガを開催する予定です。
詳細など決まりましたら改めてお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いします。

Pocket

Posted in お知らせ・イベント情報, ヨガのこと コメントをどうぞ

妊娠10ヶ月(臨月)に入りました

image
*人形で抱っこの練習をするあかり*


予定日まであとひと月。
いよいよです!
胎盤の位置が低かったので
帝王切開になるかもしれないと言われていましたが、
妊娠9ヶ月で胎盤が無事に上がり、
かかりつけの病院から自宅出産の許可をいただきました。

このまま順調にいけば
助産師のみちえさんに
自宅でとりあげていただく予定です。


みちえさんの妊婦検診は2時間くらいあって、
こんな検診があるんだ!って感動。
それはそれはしあわせなひとときです。

自分でお腹を触って
赤ちゃんの身体の位置を
把握できるやり方を教えてくれたり、
アロママッサージやテルミーをしてくれたり。。。

しあわせなお産に向けての体作り、
こころの準備を、
愛情深く丁寧にやってくれます。

検診が終わった後は、
自分自身にも、
赤ちゃんにも、
まわりのサポートにも感謝して、
すべてが満たされるような気持ちになります。

先日の検診では、
お産を終えた自分にたいして
手紙を書くように言われました。

産後1ヶ月したら渡してくれるそうですが、
慌ただしい産後の中、
そうやって初心を思い出すことができるんだそうです。


ここにくるまでいろんなことがあって、
ときにはぐちゃぐちゃになりながらも、
自分と向き合い家族と向き合い、
本当に学びの多い妊婦ライフでした。
濃厚すぎました。苦笑
お腹の子のパワーすごい。笑

どんなお産になるのかわくわくドキドキです♡
明後日のヨガのレッスンが最後で、
それ以降はしばらく産休をいただきます。
ご迷惑おかけしますが、
どうぞよろしくお願いします。

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

妊娠9ヶ月

image ※赤ちゃんに話しかけるあかり


妊娠9ヶ月になり、お腹もかなり大きくなりました♡
体調も良く、ヨガのレッスンも続けています。
(予定日は5月23日です。5月中旬くらいまでレッスンできるかな?)

いよいよもうすぐだぞーと、
気持ちも身体もだんだんとお産モードになってきました。


2月は安静にしないといけなかった時期があったり、
その後もいろいろあって大変だなあと思うこともあったけれど、
そのことがきっかけで、
命について、お産について、家族について、
真剣に考える機会になりました。

何より夫にたいして
『この人と一緒になってよかったなあ』と
改めて思えたことは、
お腹の赤ちゃんにとっても
一番うれしいことなんじゃないかなと感じます。


先日は初めてホメオパシーのカウンセリングを
受けてきましたがすごーくよかったです!
たくさんの深い気づきをもらえました。
自分自身を無条件に受け入れていくことが、
安産にもつながるんだそうです。
わたしがクリパルヨガに惹かれたのも
ありのままの自分を受け入れていくヨガだったから。
きっとわたしの人生のテーマなんだなあ。


胎盤の位置が低いため
どんな風なお産になるかまだわからないのですが、
どんな生まれかたであってもどこで生まれても
『大丈夫だから安心して出ておいでね』と
赤ちゃんに言ってあげることができました。
わたしはカラダを整えたりやれることをやって、
あとはただ赤ちゃんに委ねようと思います。


気持ちの変化も面白いです。
読書が全然したくなくなったし、
断捨離モードになり
部屋をきれいに片付けまくっています。

身体のほうは、恥骨痛、貧血気味、頻尿ですが、
よく眠れていて、腰痛や便秘もないです。
先日近所のマッサージやさんに行ったら
「むくみが全然ないですね。すごいです!」と。
朝晩の入浴と、朝晩のお灸、週3回のヨガが効いてるのかな?
入浴後のお灸が日課です。


image

年中さんになったあかりもお姉ちゃんになる気まんまん。
赤ちゃんをすごく楽しみにしてくれています。
お手伝いも大好きなのでいろんなことをやってくれて頼もしいです。

image

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

心がぐちゃぐちゃなとき

be5b3402f67de8a17c7d935dbf6c0dde_s

先日いろいろあって、
心の中がものすごーく!!!
ぐちゃぐちゃになりました。

どうしていいかわからないし
悲しいし
怒って
泣いて
もう心身ヘトヘト。
ただただつらかった。。。
泣いていたらあかりがそっとティシュを
渡してくれました。(/ _ ; )ううう

そんなボロボロの状態でしたが
ヨガのレッスンが入っていたので、
クラス前にすこし呼吸やヨガをして気持ちを落ち着かせて、
いつものようにレッスンしました。
そうすると、そのあとはだいぶ気持ちが落ち着いていました。
やっぱりヨガってすごいなあ。
心が穏やかなときのヨガもいいけれど
心がぐちゃぐちゃなときのヨガもまたいいもんです。

こんなつらい状況におちいったとき、
あなたはどんなふうに対処していますか?
わたしはこんなとき、
これまでやってきたヨガや心理の学びから、
以下のように対処しています。




*****

【ぐちゃぐちゃでいいじゃんとまず認める】
こんな風に思う(感じる)わたしはダメだと
つい否定しがちですが、
ぐちゃぐちゃな自分でもいいんだってまずは認めます。

【今の正直な気持ちをただ味わう】
今回わたしの中で一番出てきた感情は「ムカつく!!!!」でした^^;
なので、ひとりになったときに
「あーーーー!!」と言ったり
「ムカつく!ムカつく」と何度も吐き出して、
その気持ちを味わいました。
味わっているとまた涙がでました。
本当の気持ちを抑えこんだり、
なかったことにしない。
無理にポジティブに切り替えないことです。

【ちょっと離れた視点から自分を(その状況を)見てみる】
ムカついている自分を、
もうひとりの自分がすこし離れたところ見ているような、
そんな視点も持つようにしています。
そんな風に見たら、ちょっと笑えたり、
わたしってちっぽけだなーとか、たいした問題ではないかなーと思えたりして、
気持ちがちょっとだけ楽になります。

【正直な気持ちをカミングアウトする】
今回もヨガのレッスンで生徒さんに
「わたし今ぐちゃぐちゃです」と最初におはなししました。
それだけでも心が軽くなります。
光の部分だけ人に見せているとしんどい。
信頼できる人に話しを聞いてもらったりもします。
今回も友人に話しを聞いてもらいましたが、
おかげで気持ちがかなり緩みました。
アドバイスするのではなく
ただそのまんまを聞いてくれる友人のありがたいこと。。。
しみじみ感謝の気持ちが湧き上がりました。

【関連の書籍を読む】
つらいときは本屋に行くというのは昔よくやっていました。
過去に失恋をしたときも恋愛系の本にずいぶん助けられました(笑)
自分が経験してみてはじめてわかることがあります。
苦しい時に読む内容って痛い思いをしているだけに
かなり心に入ってきます。
そのときに出会った本が
その後の人生を変えるくらい大きく影響したこともありました。

【自分のカラダとココロが喜ぶことをする】
心地いいなあ、好きだなあと思うことをします。
わたしの場合、
ヨガをする、お気に入りのカフェに行く、美味しいものを食べる、温泉に行く、マッサージに行く、ひとりの時間をつくる、娘と抱き合う(ふわふわのほっぺやおしりを触る)、海を見に行くとかかな。
そしてやりたくないことはやらない。
そうやって枯渇したココロとカラダにエネルギーを満たしていきます。

【ヨガなど身体を動かす】
深呼吸したり(ため息のように大きく息を吐くのもいい)、
カラダを動かすことで、
ココロもカラダもゆるみ、
ぐるぐるしていた思考が「今ここ」に戻ってきます。
ヨガは今に生きるためのツールです。
ヨガの生徒さんが「ヨガをすると気持ちがリセットされます」と言っていましたが、
一回ゼロの状態に戻すって大事。
ゼロになってから、今ある状況を改めて見てみると
違った視点で見れたり、新しい気づきがあったりします。
ヨガでなくてももちろん良くて
走るとか何でもカラダを動かすのは本当にいいなーって思います。

*****

これらのことは、
ぐちゃぐちゃとまではいかない場合でも、
ちょっとモヤモヤするときとか
うまくいかないときとかいろんな場面で使えます。

それにしても!
今回は久しぶりにかなりしんどかったです。。。
でもそれを乗り越えたときに、また違う道筋が見えてきました。
深い深い意味があったように思います。
つらかったけれど、一皮むけたような感覚です。

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ

4月のスケジュールとご予約状況

rp_d153961b-s.jpg

こんにちは。陽子です。
4月のご予約受付開始しました。
4月は3月に引き続き『浄化』をテーマにレッスンを行います。
寒い冬から春にかけて、
カラダもココロもゆるんでいくこの時期。
浄化の呼吸法や股関節を開いていくポーズを中心に行い、
冬にためこんだ不要なものを手放し解放していきます。

【お知らせ】
講師の鈴木陽子は現在妊娠9ヶ月となります。
4月も通常通りレッスンを行う予定ですが、
急遽代行または休講となるかもしれません。
ご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


【春に新しいこと始めよう!ヨガ体験キャンペーン】
この春からヨガを始めてみませんか?
4月に体験レッスンにお申し込みいただいた方へ、
お得なキャンペーンをご用意しております。
ぜひこの機会にご検討くださいませ。
◎通常1レッスン1回2,500円(有効期限1ヶ月)→2回1,500円

【妊婦さんも対応可能になりました】
木曜10:30〜のレッスンは妊婦さんも受講可能です。
妊娠16週以降の妊婦さん。ご出産まで受講できます。

【4/7は新月のため月礼拝を行います】
カラダを左右に開いたり重心を下げるポーズを中心に行い、
自分の内側に宿る、力強さ・優しさ・包容力など、
女性性に意識を向けていくゆったりとしたクラス。
大変人気のあるクラスです。
※通常と同じレッスン料金です。ヨガ初めての方もぜひ。

【春の登山ヨガのお知らせ】
4月13日(水)、4月27日(水)には
福岡県筑紫野市にある天拝山登山とヨガのイベントを行います。
(助産院マミータ主催。妊婦さん、お子様連れOKのイベントです)
詳細はこちらからどうぞ。




4月のスケジュールとご予約状況 
◯空きあり △残席少 ✕キャンセル待ち

<火曜クラス>19:00〜20:15
5日 YOKO ◯
12日 YOKO ◯
19日 JUNKO ◯
26日 YOKO ◯

<木曜クラス>10:30〜11:45
7日 YOKO:月礼拝 ◯
14日 JUNKO ◯
21日 YOKO ◯
28日 YOKO ◯

<日曜クラス>10:30〜11:45
3日 YOKO △残席2
10日 YOKO ◯
17日 YOKO ◯
24日 YOKO ◯

※レッスン内容は講師によって違います。
YOKO:クリパルヨガ(自分をあるがままに受け入れていくヨガ)
JUNKO:ヴィンヤサヨガ((呼吸の波にのり流れるように行うヨガ))

============================
福岡市南区の小さなヨガ教室
ヨガスペース ひだまり

アクセス:福岡市南区大橋1-8-8ジャストダンススタジオ5階
HP:http://www.hidamariyoga.com/

予約・問い合わせフォーム
http://www.hidamariyoga.com/form.php
✉ info@hidamariyoga.com  ☎ 090-5294-5799
============================

Pocket

Posted in お知らせ・イベント情報, ヨガのこと コメントをどうぞ

春の登山ヨガのお知らせ

image
ご好評いただいている天拝山登山とヨガのイベントを今年も開催します。
登山といっても往復1時間ほどのゆるやかな山です。
登山とヨガの相性ってとてもいいんですよ♡
どなたでも参加できます(妊婦さんや産後の方もぜひ)ので、どうぞお気軽にご参加ください^^

<日時>
3月23日(水) → 終了しました
4月13日(水) → 終了しました
4月27日(水) → 終了しました

3回開催します。各回ごとに参加OKです。

<タイムスケジュール>
10:00 天拝公園 (福岡県筑紫野市)集合
10:15 天拝山登山
12:00 下山後、昼食と足湯
13:00〜14:00 クリパルヨガ

<参加費> 1000円(足湯・ヨガレッスン料込み)

<服装>
運動しやすい服装(ストレッチが効く素材が可)。
靴は運動靴に限る。帽子。あればヨガマット。

<必要物品>
お弁当、飲み物、タオル、補助食(飴玉や塩分補給)
雨具及び防寒具(雨合羽・折りたたみ傘など)

<注意事項>
・天拝山までの足がないかたはご相談ください
・お荷物は必ずザックにてお持ちください
・今年は昼食は各自でご用意お願いいたします
・お子様の足湯料金は別途必要です
・雨天中止。AM8:30までに連絡致します

<お申し込み>
助産院マミータ 092-553-5503 (要予約)
当日の連絡先090-9581-5998(田中)

image ※登山ヨガに参加いただいたみなさんと

Pocket

Posted in お知らせ・イベント情報, ヨガのこと 1 Comment