福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

お寺でのマインドフルネス瞑想会を終えて




今回で2回目となる
福岡市南区の光行寺でのマインドフルネス瞑想会が無事に終わりました。イベント詳細はこちら
※第一回目の様子はこちら











今回はたっぷり3時間。マインドフルネスとは何なのか?ということを質疑応答などを交えながら学び、ヨガや瞑想を通して、マインドフルネスを体験していただきました。前回よりさらに深く意識の中を探求していきました。
自分の光と陰を、どちらも受け入れることができたら、人はもっと自由に、そしてさらに輝けるのだと思いました。参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。




【参加者の声】

=========================

前回より集中して取り組めてよかったです。マインドフルネスについて更に理解が深められたと思います。(マインドフルネスを通して)心の筋トレをしていきたいと思いました。ペアになって手を重ねて意識に上がった言葉を言うと言うワークがとても貴重な体験でした。
一瞬一瞬、目の前のひとつひとつに集中して、大切に過ごしたいと改めて思いました。

=========================

”自分の内面に目を向けること。自分の周りの人に目を向け、共通の時間を体験すること。一人で生きているのではなく、周りのいろいろな人や物事によって生かされているということ”を改めて気づかされました。最初はやや緊張していましたが、お寺の本堂という場所のせいなのか、だんだんと心が落ち着いて行くのを感じました。初対面の方とたくさん意見や思いが聞けてとてもよかったです。久しぶりに自分を見つめ直す機会を得られて感謝です。ありがとうございました。

=========================

あっという間の体験でした。苦手だと思っていた瞑想をこんなに心地よくできたのは嬉しいことでした。自分に目を向けて、自分の体験をたっぷり堪能できました。特によかったと感じたことは瞑想です。3分の瞑想が心地よくできて、それ以降、同じ感覚を求めてしまう自分がいたり、でもこのままでいいんだという思える自分がいたり、いろんな自分をたっぷり味わえました。この時間は誰も何も比べない、心地いい時間の始まりになりました。また開催楽しみにしています。この場所でまた別にヨガをたっぷり味わうのも心地よさそう。

========================

自分の性格を改めて感じた(知った)が、それを隠さずありのままで良いんだと思った。感謝の気持ちが高まった。いろんな瞑想があることを知った。歩く瞑想はなんだか不思議な気持ちになった。瞑想に入り込むのに時間がかからず集中できるようになった。

========================

あっという間に感じました。瞑想をじっくりとすることができてとても面白かったです。「今ここに」ってよく言われているけど実際にどうするか?と言うことは誰にも聞けないので、自分に意識を向けてみると言うことを日常でもやってみたいと思いました。特によかった点は、大きな変化があったと言うよりも無理に大きな変化を求めなくても良いのかなと思えたこと。180度、急に変わるのは難しいので、今の自分から少しずつマインドフルネスに近づけていけたら良いなと思いました。

========================

暑さ、眠気など、来る前はそんな感情があったのですが、終わってからは良い意味でぼーっとできるようになった。1人でやる瞑想よりも集中できるし場の共有がよかったです。皆さんでひとつのことに集中する場はとても平和と感じました。今までは知らない人がいて平和だなとすぐに思うことはなかったですが、人間はみんな良い(性善説)を信じたくなりました。これからもこの会を続けてください。

========================

2回目の参加です。日常生活にマインドフルネスを取り込むイメージが強く感じられました。イベントの前半は体の硬さやこわばりを感じていましたが、イベント後半の瞑想後はふっと体の力が抜けて心が軽くなって行くのを感じました。

========================

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。