福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

Monthly Archives: 9月 2015

ERの医者が教える「風邪で注意してほしいこと」

image

娘は3歳7ヶ月になるんですが、
まだ一度も
何かの病気で病院に行ったことがありません。
「子供がいるとしょっちゅう病院通い」
というイメージだったので
これはすごく意外でした。

といっても、
全く病気をしてないか?
というとそうではなくて
時々風邪にかかるときはあります。

鼻水がでたり
熱があったり
咳がでたり
下痢したり。

わたしの夫は救急の医者なのですが
夫が先日書いた記事
「ERの医者が教える、風邪で注意してほしいこと」
を、facebookで紹介したところ
わかりやすい!と、すごく好評でした。


風邪って何?
風邪をひいたら病院に行くべきなの?
風邪をひいたら薬を飲むべきなの?
そんな疑問についてわかりやすく解説しています。

風邪薬のCMの影響もあるのか、
風邪をひいたら病院に行かなければならないとか
薬を飲まなければならないとか
風邪に抗生物質が効くとか
そういうイメージが一般的に定着していますね。
風邪の患者さんに抗生物質を出すというお医者さんも
結構いるそうです。

61930d09141ba98fa4b5f08395e3b307_s


娘に風邪の症状があっても
病院に連れて行かないのは
この記事にもあるように
「風邪は4〜5日で治る」
「風邪を治すのはヒトの免疫力」
ということをわかっているから。


むしろ、病院にいくということは、
かえって病気を悪化させることもあると思います。

ほかの患者さんもたくさんいる中で、
長時間待たされるというストレスもあるし
子供が風邪の場合は、機嫌も悪くてぐずるから、
大変だという話しもよく聞きます。
長時間待ったのに
診断は5分で終わるということも。。。
しかも病院に行くことで
ほかの病気をもらうかもしれない可能性もあります。


もちろん病院に行くことが必要なときもあるし
病院を受診することで安心するなら
受診するのもアリだとは思いますが、

基本的に
風邪は栄養とってたっぷり寝ていたら治る。
ということをわかっているだけで
慌てることなくリラックスしていられるもの。


あと思うのは、
決して「風邪=悪者」ではないということ。
カラダがいい方向へ向かうために、
カラダの中の悪いものをデトックスしてくれているんです。
だからときどき風邪を引くと、
よかったなあと思うんです。

免疫力をUPさせつつ、
上手に病気とつきあっていけたらいいですね。


image
前髪を切りすぎました・・・笑

Pocket

Posted in 日々のこと コメントをどうぞ