福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

Monthly Archives: 10月 2014

親子で美容室

親子で美容室に行ってきました✂
Saltの千恵さん、いつもありがとうございます♡

image



















image




















Pocket

Posted in 日々のこと 2 Comments

あかり2歳9ヶ月

あかり2歳9ヶ月になりました。

「あかり~、ティッシュとって~」
というと、
「は~い」
と取ってきてくれるし、

「あかり~、これゴミ箱に捨ててきて~」
というと、
「は~い」
と捨ててきてくれる。

ドアを開けてくれたり、
みかんをむいて食べさせてくれたり(介護?)、、、。

つ、使える・・・笑


image















寒くなってきたので
あかりが去年着ていた秋物の洋服を出してみたけれど、
小さくなってしまっていてほとんど着れず。。。
ワンシーズンしか着れないなんて(涙)

image



















積み木でのごっこ遊びがお気に入り


なんでもかんでも真似して吸収するお年頃。
わたしが鹿児島弁なので、
あかりもすっかり鹿児島なまり。 
プラス、ちょっとだけ博多弁。
というのも託児所の先生とかが博多弁なので、
それに影響されたのでしょう。
語尾にやたらと「と」をつけていますΣ(゚д゚;)


この間は、鉄棒で高いところまで登って
「あかりちゃん、怖くないと。怖くないとよー」
って言ってました。

image



















集中するとやっぱり口がとんがっちゃう・・・



ヨガのポーズは、3つできます。
木のポーズ、三角のポーズ、犬のポーズ

image



















いとこのじょうくんと木のポーズ



あかりは
男の子と遊びよりも、
女の子と遊ぶのが大好きなようです。
特に年上の女の子が好きみたい。
わたしがいつも行っている
カフェ『一ツ星紅茶堂』のところの娘さんが小学校1年生なんだけど、
もうその子のことが大好きみたいで
後ろからくっついて歩いています。
ときどき無視されたりしているけど
全然めげないのがすごい。笑

同じ年頃の男の子は、
電車にはまっている子が多い。
まだこんなに小さいうちから、
男の子と女の子って全然ちがうんだなあ、とびっくり。
image
 















アナの影響かわからないけど、
英語に興味が出てきたようで、
アナと雪の女王の英語バージョンを歌ったりしています。
あ、もちろん合ってません。
英語風、です。

image















あと、たくさんの中から選ぶ、ということができるようになりました。
今までは、どれも全部好きという感じが、
AとBがあると、Aのほうが好き、という感じに。
こうして、ああして、というオーダーが
かなり細かいときもあって、
お嬢様か!とつっこみたくなります。笑


そうそう、気づけばもう、
幼稚園の願書提出の日が・・・。
ぼーっとしていたらもうそんな日がやってきた。
それについてはまた今度♪
 
image



















 

Pocket

Posted in あかりのこと コメントをどうぞ

青空ヨガ@春日公園、終了しました!

今日の福岡は快晴!

最高の青空ヨガ日和でした。
気持ちよかったー( ´ ▽ ` )ノ

image


















image













image
 













ご参加くださったみなさん、ありがとうございました♡

 

Pocket

Posted in ヨガのこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<8>ヤンゴンのローカルな市場

<ミャンマー6日目つづき>

タクシーの運転手さん、がんばってくれました!
マッサージやさんに連れていってくれると言ったものの、行ってみたところは全部閉まっていて、なかなか見つからない。人に聞きながら30分くらいあちこち走って、ようやくたどりついたのでした。よかったよかった。
1時間マッサージをしてもらいスッキリ。
なんと350円という安さ。


マッサージを終えて外に出てみる。
どうやらわたしたちは中心地からずいぶんはずれにきたみたい。
せっかくなので、このあたりを散策してみることにしました。

嗅覚が冴えていたのでしょうか。
大通りから裏道のほうへ入っていくと、
かーなーり!ローカルな市場にたどりつきました♡
英語も全然通じないし、かなり珍しそうな目で見られるし、まさに地元の人しかいない雰囲気。
地元の人の生活が垣間見えて、最高に楽しかったです。

image














image


























なんかね突然、映画の中に入りこんじゃったみたいな、そんな気持ち。
image


























image






















目があうとみんな優しくほほえんでくれます。
image













魚屋さん。お魚をさばいています。
お肉屋さんもありました。
image






















こちらも魚屋さん。
image













八百屋さん
日本の野菜と似てました。
image












image







 




image












たまごやさん
image













お花屋さん
image















揚げ物屋さん
ドーナツ揚げています。
ミャンマーのドーナツはだいぶ油っぽいらしい。
image 













下着屋さん
image
 











キンマ屋さん
ミャンマー人がガムのように噛んでいる嗜好品キンマのお店。
ものすごい慣れた手つきで手作りしていました。
image 













>揚げ物屋台
揚げたてをひとつだけ食べたいなあと思っていたら、一袋買ったお客さんがひとつ味見をさせてくれました。優しすぎるー(涙)
image











 

ビリヤードっぽいゲームをしている男性たち。お金もかけていました。
image 













クレープやさんぽいお店。美味しそうだったので食べてみた!
image












黒砂糖のような甘いソースとココナッツがよく合う。
美味しくてペロッと食べました♡
image 













ちょっとひと休み。ミャンマー人は喫茶店が大好き。わたしたちもミャンマー人になりきって喫茶店でお茶してみました。言葉は通じないけど店員さんがまたいい人だったー。
image
 











珈琲。甘くて美味しい。
おやつは勝手に出てくるんだけど食べたぶんだけ課金されるシステムだそうです。
image













ホテルに戻り荷物をとって、
21時45分の飛行機で無事に日本に帰りました。
約6.5時間のフライト。

成田には翌日7日の6:50着。
福岡には7日のお昼に到着しました。
あかりと早く会いたいなあ! 

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<7>シュエダゴォン・パヤー

<ミャンマー6日目>機内泊

ストランドホテルの朝食。
どれもこれもほんとうに美味しかったです。
仕組みがよくわからなくてつい頼みすぎてしまったのだけど、このメニューの中からどれでも注文したら作ってきてくれます。

image















Fresh Pomelo Salad
image












Egg Benedict & French Toast
image













ミャンマーの麺料理、モヒンガー。
魚ベースの麺料理。ライムやコリアンダーなどの薬味を入れて食べます。
これ大好き、めちゃくちゃおいしかった!
image













朝食のあとは、この国最大の聖地シュエダゴォン・パヤーへ。
拝観料8USD。

image












階段の両側にはたくさんのお店が並んでいます。

黄金の塔の高さは99.4m、使われている金箔の数だけでも8688枚らしいです。広い境内には毎日大勢の参拝者が訪れます。
image












image













image





















南参道口にはエレベーターがありました。
エレベーターに初めて乗るような人もいて、足を踏み出すのにかなり真剣な表情!踏み出すまでにすごく時間がかかる人もいたり、踏み出そうとしたものの勇気がなくて、あきらめて階段で登る人も。笑
思わず動画に撮ってしまったくらい、微笑ましかった~~。

image






















わたしがここで気になったのはロンジー。
ミャンマーで日常的に着用されている民族衣装です。

夫もロンジーを着てみました。涼しいんだって。
image


























女性は上下セットのロンジーを着けている人も多く、おしゃれ!
写真を撮らせてもらいました。
image






















image























それからミャンマーのデパート的なところへ行ってみました。
ヤンゴン最大かつ今最もホットなスポットらしい。
ブランド店などがたくさん入っていて、まるで日本でした。
ここでお昼ご飯。

ミャンマーの揚げ物
image












下写真奥は食べるお茶”ラペットゥ”
発酵させた茶葉と、ピーナッツや揚げニンニク、豆、干しエビ、ごまなどを合わせて塩をかけ、ピーナッツオイルで和えて食べるお茶受け。

image







/>




今日は夜10時のフライト(ヤンゴン→日本)なので、まだまだ時間がある。。。
マッサージに行こうと、タクシーの運転手さんに連れていってもらうことにしました。

つづく
 

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<6>気球からのバガン

<ミャンマー5日目>ヤンゴン泊

image















早朝の気球ツアーへ。
◎会社:oriental ballooning
◎運行時間:45分
◎料金:ひとり300USD

料金はかなりお高め。
ですが、その価値は十分にありました。


朝5時半頃、宿泊しているホテルにバンがお迎えにきてくれました。
すこしいくと道路脇のなんにもないひろびろとした敷地に入っていきます。
ここから2つの気球を上げるらしいんだけど、20~30人はいたかな?たくさんのスタッフがいました。

image













乗客用にテーブルとイスが用意してあり、パンや珈琲や紅茶のサービスも。
高いだけあって?至れり尽くせりのサービスです。

パイロットはアメリカ人。
パイロットの指示でミャンマー人スタッフがかなりきびきびと作業していて、はじめての気球は怖かったけど、これならちょっと安心かなーなんて思う。

image













気球の準備が整ったのは、もうすでに6時半くらいだったかな。
あたりはすっかり明るくなっていました。
ひとつの気球に4組のれます。
当たり前なんだけどパイロットも一緒に乗ることがわかって、またすこし安心。笑

そしていよいよ出発!
乗り込んでしばらくすると、いつの間にかすーーーーっと浮かんでいてびっくり。
地上の景色がどんどん小さくなっていき、あっという間に上空へ。

昨日も寺院から夕日を眺めたし、気球から見てもそんなに変わらないんじゃないかなーと思っていたんだけど、いやいや、全然ちがいました!
寺院のあるエリアへどんどん進んでいきます。

IMG_0602













朝日を見ているひとたちが手を振ってくれた。
IMG_0641












朝日に照らされる遺跡。
IMG_0607













気球をゆっくりとまわしてくれるので、360℃の景色を楽しめます。
気球からの景色はもう言葉にならないほど。
それはそれは美しい絶景でした。
ここは間違いなく、”一生に一度は見てみたい世界の絶景”のひとつだと思います。

image
















image













image








 












約45分のフライトで、寺院のあるエリアを抜け、原っぱに無事着陸。
スタッフさんがすかさずイスをセッティング。
シャンパンとフルーツでお祝い!
ああ、楽しかった。。。

image













ホテルに戻って朝食を食べたあとチェックアウトをすませ、
ホテルのあるニャウンウー地区から馬車で30分ほどのところにあるミン・ナン・トゥ村へ。

タクシーで村へ到着すると、勝手に現地のガイドさんがついてきました。
あとでチップを請求されるけど、いろいろ説明してもらえてよかったです。

子供たちの声が聞こえてきたので、何なのか聞くと「小学校だよ」と。
見学も自由だそう。
なんの許可もいらず、開けっぴろげの教室へ。

子供たちはのびのびと楽しそう。
むかし、日本の学校もこんな感じだったんだろうなあ。
image



/>







子供たちは英語のアルファベットの発音練習をしていました。
めちゃくちゃかわいい!

image

















わたしたちが教室内をうろうろしても、全くおかまいなし。笑
先生も優しくほほえんでいます。

子供に字を書いてみせてーというと、うれしそうに書いてくれました。
image












無邪気な笑顔がたまりません。
image

















制服もかわいい。
image
























子供たちにバイバイしてから村の中を見てまわりました。
床が高くなっているので風通しが良さそう。
この日もかなり暑かったけど、家の中に入ると涼しくて気持ちよかったです。
image












葉巻を吸うおばあちゃん。
かっこいー!
image






















わたしたちにもその場で葉巻をつくってくれました。

(しっかりとチップを要求されましたが、笑)
吸ってみると、なかなかおいしいかも!

image






















IMG_0690













牛や豚やヤギもいました。
image












image













この村は観光客相手に成り立ってるのかな。
ロンヂーの手織りの様子を見学できたりするけど、
これも観光客用に用意されている感じ。
しっかり手織りのものや宝石類を販売するコーナーもあります。
その部分はちょっと興ざめしたけど、
小学校を見学できたり、村の人々の生活の様子が見れて楽しかった!

image

















夕方のフライト(バガン→ヤンゴン)までまだ時間があったので、
電動バイクをレンタルしてマッサージへ行ってきました。
歩き方にも載っているShwe Pyi Nan Thanakha Gallery。ここはマッサージのほかショップやインターネットカフェもあります。
ここにくるのは実はもう2回目。
マッサージの種類はタイマッサージだと言ってました。
ボディ1時間8000K(800円)、フット1時間7000K(700円)くらいだったかな。
いやあ、気持ちよかった!


夕方のフライトで、バガンからヤンゴンへ。
今回は時刻通りに出発しました。
image













ヤンゴンのホテルへチェックイン。
最後は贅沢に五つ星ホテルにしました。
「ザ・ストランド・ヤンゴン」
一部屋35,000円ほど。

10493_14042513190019200910_800x600












10493_14042513580019201882_800x600" target="_blank">10493_14042513580019201882_800x600














※agodaより画像お借りしました


1901年に建てられた由緒あるホテルで、
落ち着いた雰囲気がほんとうに素敵でした。

ウェルカムドリンクが美味しかったなあ。
部屋もかなり広いし、天井が高くてびっくり。
かなりゆったりとくつろげます。

image






















image












image






















image























明日はミャンマー最終日です。

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<4>フェリーでバガンへ

<ミャンマー3日目>バガン泊

フェリーの評判が良さそうだったので、
マンダレーからバガンへの移動は船で行くことにしました。
エーヤワーディー川をマンダレーからバガンへ9時間かけて下ります。
(※料金はひとり片道40ドル)

朝7時、外国人用のフェリー、マリカ・リバークルーズに乗り込みました。
港では、川で洗濯や行水しているひとたちが。
いかにもアジアな光景です。
誰に見られようと別に気にしていない様子。
毎日のことなのかもしれません。

image













エーヤワーディー川、めちゃくちゃ広い!!

IMG_0341













朝の空気がめちゃくちゃ気持ちいい。

image













自由席なので、テラスデッキのベンチに座りました。
乗客が少なかったので広々使えました。

image












9時間もあるので、ボーッとしたり、音楽聴いたり、本を読んだり、おしゃべりしたり、昼寝したり、、、、とにかくひたすらのんびり過ごしました。

夫は川を見ながら、チャゲアスを聴いていました。笑
この景色と音楽がなかなかマッチしていたそうです。

ああ、本をゆっくり読めるしあわせ!
日本から本を2冊もってきていたんだけど、行きの飛行機ですでに1冊読み終わってしまい、もう1冊もあっという間に読み終えてしまった。
こんなことならもっと本もってくればよかったーと後悔。

ひまだったので、
ガイドブックもじっくり読み込みました。真剣!笑

IMG_0349
 












お昼になると、ランチがでてきました。
焼きそば的なものと、チャーハン的なもの。
どちらも美味しかった!
image 












 
船からは川沿いの寺院が見れたり、川沿いに暮らす人々の様子が見れたり、なかなか興味深かったです。
フェリー、のんびり旅したい人にはおすすめです。
image 













16時頃、ついに!
ミャンマー最大の見どころバガンへと到着しました。

港からは馬車で移動!
パッカパッカという音が心地いい。

image























バガン、すごい田舎!
牛もいる~~♡

image












水を運ぶ女性
image

























夜ご飯を食べに行きました。
地球の歩き方に載っていた「ウェザー・スプーンズ」
ビルマ料理、西洋料理、タイ料理のメニューがあります。
旅行者に人気の店のようで、すごく混んでいました。
image
















image












わたしはビールはほとんど飲まないからわからないけど、
ミャンマーのビールはおいしい!と夫。

image >












左がトマトとたまごのビルマカレー。
右はタイ料理、パッタイ。


バガンで泊まったホテルはこちら。
バガンのニャウンウー地区のズフリティホテル
三ツ星ホテルで一部屋2万円くらい。
プールもついている素敵なホテルでした。
(シャワーの水はけがすごく悪かったけど)
image













明日はいよいよ遺跡めぐりです!

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<3>マンダレー観光

<ミャンマー2日目つづき>
タクシーの運転手さんも、ホテルのスタッフの方も、街ですれ違う人も、みんなすっごくあったかくて笑顔が素敵。
夫とふたりで「なんていい人たちなんだ・・・」としょっちゅう言っていたくらい。
みんな、ちょっと目が合うとにこっとほほえんでくれます。
こころが通い合う瞬間がほんとうにうれしかった。
謙虚でちょっとはにかむ感じが日本人と似ていて、すごく親近感も感じました。
でも日本人よりもっとずっとのんびりしていて、アバウトで、自由で、、、沖縄の人に近い感じかな。

あとミャンマーではびっくりすることがいっぱい!
バイクで生きたにわとりをつけて走ってる人がいたり!
image













バイクに4人乗りしてる人たちがいたり!
(うしろに乗ってる人が赤ちゃん抱っこしてたり)
image













トラックにいっぱい人が乗ってたり!
image












なんていうか日本じゃ考えられないようなことがいっぱいです!


さてさて、マンダレーヒル観光を終え、タクシーの運転手さんにおすすめのレストランに連れていってもらいました。
地元の人にも観光客にも人気らしいトゥー・トゥー・レストラン。
あとで気づいたんだけど、地球の歩き方にも載っていました!
image






















どのカレーにするか選びます。

image












image













エビカレーと、魚カレーを注文。
ミャンマーは米の国。パラパラのインディカ米がまたカレーによく合うんです。
カレーを注文するとサラダや副菜がついてきます。
いやあ、評判通り、とっても美味しかったです!!

IMG_0330













エビカレー特におすすめ!
魚のカレーは、日本のサバ缶みたいな感じ。
どっちも美味しかったな。
ミャンマーのカレーは「油戻し煮」という調理法のビルマカレー。
油がたっぷり浮いているんだけど、全然油っぽくない。
お店の店員さんもとっても優しいし、おなかもいっぱいになって大満足でした。

image














お店を出ると向かいにマッサージやさんを発見!
ミャンマーマッサージを体験してみることにしました。
image

 











部屋に案内されました。どきどき。
image






















image












タイマッサージっぽい感じで、とっても気持ちいい!
1時間なんと600円!!こりゃ毎日やりたい。
旅の疲れがとれてすっきりーーーーー☆

明日は船でバガンへ向かいます。

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<2>マンダレーヒル

<ミャンマー2日目>マンダレー泊
朝4:45起床。
眠い・・・。

ヤンゴンからマンダレーへ行くため、タクシーで空港へ向かいました。
マンダレーはミャンマーのほぼ中央に位置し、ヤンゴンに次ぐミャンマー第二の大都市。

 image












ヤンゴン空港に到着し、航空会社エアーバガンのカウンターへ。
ミャンマーでは飛行機が遅れたり、キャンセルになったりするのは日常茶飯事らしい。
カウンターへ行くと早速「フライトは1時間遅れます」とのこと。まあ、しょうがないか。

image






















手荷物をはかる計量器。レトロだ。。。

搭乗ゲートで飛行機の出発を待ちます。
今朝、宿泊していたホテルのスタッフがお弁当を渡してくれました。ありがたい。。。
どんなお弁当だろう!?と期待してふたをあけると、こんな感じでした笑。

image




 








売店でせんべいみたいなの買ってみた。
image






















日本の塩せん的な感じ。30円くらい。
素朴な味で、美味しかった~。

1時間遅れると言っていたけど、なぜか15分遅れで出発。。。
なんていうかアバウトすぎる。。。笑

所用時間は1時間くらいで、マンダレー空港へ到着しました。

image 













マンダレー空港からタクシーで市街地のホテルへ。 
口コミの良かったホテルA1に予約していて、無事チェックインしました。
2つ星ホテルで、一部屋一泊5000円ほど。
安いけど、スタッフの方もすごく親切で十分満足でした。

image
 












疲れていたのでホテルですこし仮眠してから、マンダレーヒルへ向かいました。
マンダレーヒルは、丘全体が寺院となったマンダレー最大の聖地です。

頂上へは歩いて約1時間かかるそうです。
マンダレーヒルの南参道入り口を守る2頭のライオン。めっちゃでっかい!
下のほうに夫がいるけど、豆粒のようだ。笑

image



 









寺院はどこも土足厳禁なので、裸足になります。
床が結構汚れてるので(犬のふんも落ちてたりする)足裏は真っ黒覚悟でね。

image
 
















 





参道には、出店もたくさん。
シミのついたTシャツも普通に売っていました。笑

image
 












参道脇にはふつうに家もあって、そこでの暮らしぶりが見れます。
すごく興味深い!

image

 











参道の脇で、店番しながら子守りしてる女性。
手作りのハンモックがすごい!
バネがあるので上下にバウンドして気持ち良さそう。
image 






















image






















赤ちゃん、ぐっすり♡
image






















ラジオを聞きながらおしりふりふりダンスしてる陽気な親子。
めっちゃ楽しそう。

image






















マンダレーヒルで最も名高い「予言を与え給う仏陀」像。
高さ8メートル!

image






















image












すごい迫力!

ここでまだ半分くらい。
とにかく、蒸し暑くて汗だらだらです。

休憩をはさみつつ、ようやく頂上へ。
途中までタクシーでも行けるみたいだけど、歩いて登ったことで感動もひとしお。
そこに住む人たちの暮らしぶりも見れたりして、よかった。

頂上から見たマンダレーは絶景でした!!!
お坊さんがお経を唱えていてそれがずっとスピーカーで流れてるんだけど、この絶景とお経のコラボレーションがまたすごくいい。
マンダレーヒル、全然期待してなかったけど(笑)登ってよかったー!
image













頂上にいたかわいい子供に癒されました♡
カメラを向けると恥ずかしいのかもじもじ。
その様子があかりとまるで一緒。笑
もじもじは世界共通なんですね!
image























つづく








 

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<1>ヤンゴンへ

<ミャンマー1日目>ヤンゴン泊
JAL福岡空港7:20→成田9:05着

ANA成田11:10発→ヤンゴン15:40着

飛行機の出発が遅れ、下記のスケジュールに変更。

ANA成田14:00発→ヤンゴン18:30着

飛行機で約7時間。
機内は日本人の旅行客はあまりいなくて、ビジネスマンみたいな人が多かった!
日本から持ってきた本を読んだり、夫は映画を見たりして過ごしました。
あかりがいないのでかなり自由。

ヤンゴン国際空港でドルからチャットに両替を済ませ外にでると、空気がもわっとしてました!暑い!
アジアの匂いがして、うわー海外に来たな!って思いました。

image












この写真は夕方撮ったもの。
車がいっぱいで、結構渋滞しています。
日本車の比率がかなり高い!
どこを見ても日産、HONDA、SUZUKI。。。
ここ3年くらいでものすごい急成長しているらしい。
それに追いついていないのか、交通ルールが全然ない。
これだけ車が多いのに、信号もほとんどない。
みんなクラクションをならしまくり、我先にと走らせていました。
タクシーの運転手さんによると交通事故も多いらしいです。


空港からタクシーで1時間ほどはしり、ヤンゴン市内に予約していたホテルへつきました。
タクシー料金は800円。安いです。

口コミと立地が良かったイーストホテルにチェックイン。
3つ星ホテルで、日本のビジネスホテルみたいな感じ。
でも日本と違うのは、シャワーは5分くらい待たないと熱くならないところ。

すでに結構ヘトヘトだったけど、ビーチサンダルで街へでかけました。
ミャンマーの旅行代理店で予約していたチケット(航空チケット・気球のチケット・リバークルーズのチケット)を受け取りに行ってから、おなかがすいていたので屋台へ。

image












スイカが細長い!

image












こ、これは。。。!
コオロギの素揚げらしいです。。。
夫がアフリカでこういうのを食べたらしいけどエビみたいだったそう。

image













屋台は衛生状態がちょっと心配でいかにもおなか壊しそう^^;

image












夫が食べたいということで、屋台にトライ!
他の人が食べていて美味しそうだったので、同じのをくださいと言ってみた。
おっ、なかなか美味しそう。

IMG_0298













油っぽかったけど、まあまあ美味しかったです。
でもこのときすでにヤンゴンは夜9時半くらい。
日本時間では深夜12時なので、かなり眠い。。。
食欲よりも眠気のほうが勝っていました。

それにしてもミャンマー暑い。。。
歩いていると汗がふき出してきます。

明日も早いので、ホテルへ戻ってバタンキュー!

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ

ミャンマー旅行記<準備編>

1週間の夏休み。どこに行こう?

おととし行ったブータンが最高にすばらしくて(ブータン旅行記はこちら)、去年行った香港は都会すぎてちょっとつまらなかった。。。
それでわかったのが、わたしたち夫婦は田舎の旅が好きなんだなーってこと。
カルチャーショックをうけるような旅をしたいねとはなししながら、世界の絶景の本でミャンマーのバガン遺跡を見てミャンマーに決めました。

雨期のおわりは10月中旬らしいのだけど、夫が勘違いして10月はじめに旅行の日程を入れてしまい、雨の心配があったんだけど、行ってみたらずっと晴れでした。
とにかく、ミャンマーめちゃくちゃよかった。。。
癒されました。
夫もわたしも、まだそのしあわせな余韻にひたっています。。。

image
















写真はバガン遺跡。絶景でした!!



<ミャンマーってどんな国?>
ビザが必要。
元はビルマ。
大きさは日本の1.8倍。意外と大きい!
公用語はビルマ語。単価はチャット。
国民の85パーセントが仏教徒。
時差はマイナス2時間半。
ビルマのカレー
日本からのフライトは約8時間。
2014年の1月からANAが成田~ヤンゴンの直行便ができました。
日本で一番有名なミャンマー人はアウンサンスーチーさん。
首長族もミャンマーらしい。


<あかりはどうする?>
あかりは2歳半になり、抱っこするには重すぎる、動き回る、声が大きい、ときどきイヤイヤ言う、というちょっと連れていくには大変な時期に突入し、今回は実家の母に預けることにしました。
たまにはこんな時間、すごくいいかも。
育児と家事から解放され、夫と新婚気分を味わえました。
気球に乗ったり、バイクで二人乗りしたり、ゆっくり会話したり、本を読んだり、、、
子供がいるとなかなかできないことがたくさん体験できました。
ミャンマーで小さい子供を見てはあかりのことを思い出し、あかりの動画や録音した声を聞いて栄養補給?していました。笑


ミャンマーは見所がたくさんあって、
計画をたてるのがなかなか難しかったです。
日にちが足りず、チャイティーヨーは省きました。
フェリーがいいらしいということで、今回の旅の目的バガンへはフェリーで行くことに。
ミャンマーの最大都市ヤンゴンは初日と最終日のみの滞在にし、バガンを多めにしました。

<1日目ヤンゴン泊>福岡空港7:20→成田9:05着。ANA11:10成田発 15:40ヤンゴン着
<2日目マンダレー泊> 7:00国内線でマンダレーへ。マンダレー観光。
<3日目バガン泊> 早朝マンダレーからフェリーで9時間かけてバガンへ。15:30頃バガン着。
<4日目バガン泊> バガンの遺跡巡り。

<5日目ヤンゴン泊> バガンで気球にのる。夕方国内線でヤンゴンへ。 
<6日目日本へ> ヤンゴン市内観光。ANA21:45ヤンゴン発
<7日目日本着> 成田6:50着。成田10:35→福岡空港12:35着
 

Pocket

Posted in 旅のこと コメントをどうぞ