福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

Monthly Archives: 9月 2008

アバターコース体験記(その1)

「アバターってあやしいやつじゃないの?!」と、
周りに言われていたため、
不安を感じながら会場へ。

洗脳とか宗教とかじゃないよね。。。
どきどき。

そんな感じで、
警戒しながら、
一歩引いて様子を見ていました。
周りは洗脳されたとしてもわたしは洗脳ないぞー。


アバターの仲間と、
なんかあのあたりがあやしい気がする。
マスターの笑顔がなんかうさんくさい気がする。
とか言ってました。



でも、やってみたら、
全く、あやしくなかったよ。。。





マスターとは、
わたしたちをガイドしてくれる人なんですが、
マスターさんの姿勢に感動しました。


マスターの人たちは、
こうしなさい。とか、
こうすべきだ。とか、
アドバイスしたり、
教え込むのではなく、
本人の気づきを、
優しく見守ってくれるんです。


助言を求められてもないのに、
えらそうにすぐ助言してしまうわたしとは大違いダヨ(((( ;゚д゚)))あわわ

↑この理由も後に明らかになりました。


マスターさんと一緒に、
ときには一人で、
いろいろなワークをします。
でも、自分の中を掘り下げる作業ってものすごく疲れるんだなぁ、これが。

もう嫌だー。
疲れたー。
いくらやってもどうせ一緒だー。


マスターさんはちゃんとわかるみたいで、
優しく、
「じゃあもう一回やってみようか」
と言います。

えーーーまたやるの?
と嫌々やってみたら、


突如、
「ええええっ!?」
という気づきがあったんです。
その悩みの相手を批判してばかりいたのに、
「あれは、優しさだったのかも。。。」って。

ガーン。

目が覚めた感じがしました。
びっくりして、感動して、
涙がでてきました。

ほんと、とーってもシンプルな練習なのです。
なのに、こんな気づきがあるなんて!!!
なんで!?!?
不思議でしょうがありません。


すごいかも、アバター。。。。


Pocket

Posted in アバターコース 6 Comments

アバターコースを受けてきました。

9日間のアバターコースを終え、
おうちへ帰ってきました。






ほんとーに、









受けて、









よかったです・・・・・・。 



こりゃすごい。
驚きの連続。





幸せって、
こういうことなのか・・・。





詳しくはまた書きます。
おやすみなさい。。。

Pocket

Posted in アバターコース 7 Comments

アバターコースに行ってきます~後編~

アバターコースを受けた人、これから受ける人の集まり
通称”アバターナイト”
に行ってきました。

といってもおいしいカレーやさんで、
わいわいごはんを食べるという感じです。

その日ちょうど、
嫌なことがあって気分が沈んでいたので、
この集まりにも行くかどうしようか、
直前まで迷っていたんですが、
行ってよかったなぁって思いました。

とにかく、アバターコースを受けた人たちは、
すごく幸せそうな顔をしていました。
こーいちろーさんとkazuhaさんは、
仏様のようなオーラを放っていました。
こんな風になりたいなぁ。

kazuhaさんとは、
3年くらい前かな、ヨガを通じて知り合ったんですが、
当時は、
「私、kazuhaさんにあまり好かれてないのかな~」って、
なんとなく思っていました。
そういう雰囲気を感じていたので、
見かけたときも声をかけれずにいたし、
仲良くなりたかったけど、
kazuhaさんがとても遠い存在に感じていました。

だから今回、
アバターコースに興味があるわたしに、
kazuhaさんがコンタクトをとってくれたことに、正直驚きました。
そして、久しぶりに会ったkazuhaさんは、
ますます素敵になっていたし、
これもアバター効果なのか、
わたしに対する壁みたいなものが一切なくなっていました。
これは本当に嬉しかったです。

ツアーで一緒だったわがままAさんのことを相談してみると、
「Aさんが、かわいいなぁと思えるようになるよ、きっと」
と言われました。
そうなったらいいなぁ。


来ている人たちも、みんな、
なんだかすごく満たされてるって感じで、
初対面なのに壁がなくって、
笑顔がきらきら輝いていました。
体験談もすごくおもしろかったなぁ。

みんなと一緒にいるだけで癒されたようで、
帰りは、自分でも驚くほど元気になっていました。

アバターコースを受ける前と後では、
顔が変わるかもしれないので、
写真を撮っておくといいかもね、と言われました。
そんなことってあるんだろうか?
と半信半疑に思いつつも、
今朝、自分の顔を撮ってみたけどね。

ビフォーアフターのように、
変わったわたしを見たら、
「なんということでしょう!」
と、あのナレーション風に言ってください。

とりあえず、
1部の2日間だけ受けるつもりでしたが、
1部~3部までの9日間を一気にうけることになりました。

アバターコース、
めいいっぱい楽しんでこようと思います。


Pocket

Posted in アバターコース 6 Comments

アバターコースに行ってきます~前編~

ちょっと旅日記はお休みして・・・

明日から、
9日間のアバターコースを受けに行ってきます。

アバターコースとは、
アメリカの教育心理学者ハリー・パルマーが開発した、
自己啓発のプログラムだそうです。
なんでも、意識を軽くするゲームのようなもの、らしい。
これだけ聞くと、
なんだそりゃ?という感じです。

最初、アバターコースのことを知ったのは、
ヨガ友達こーいちろーさんが日記に、
アバターコースを受けてすばらしかったと書いていて、
へー、そんなのがあるんだぁというところからでした。

こーいちろーさんは、
頭がかなりよくて、とても穏やかで、
ヨガや瞑想やあらゆるものを経験していた人なので、
彼が”本当にすばらしかった”と言ってるってことは、
よっぽどいいのだろうと思いました。

実際、アバターコースによって、
こんなに簡単に解放されちゃっていいのでしょうか?
って感じだったそうです。

わたしはそのとき、
世界一周中で、
ツアーに一緒に参加していた、
わがままなシェアメイトAさんに悩まされていました。

その頃、こーいちろーさんが、
”すべての物事の原因は120%自分にある”
と、日記に書いてあるのを読んで、
ショックをうけました。

これまで会ったことがない級の、
ものすごい自己中なAさんなのに、
結局はわたしに原因があるのか!!って(T_T)

でもそれを頭で理解したとしても、
具体的にどうしていいかわからず、
結局、45日間のツアー中、
最後までイライラしっぱなし。

Aさんの言動を目の当たりにするたびに、
イライラは増幅していたので、
もう視界に入れないようにしていました。
早く彼女から解放されたい!
ツアー中はそのことばかり考えていました。
そんな自分も嫌でした。

そしてまたヨガ友達kazuhaさんが、
アバターを受けたそうで、
この体験記がまたすごく興味深かったのです。
えええーーー!?まじでーーー!みたいな。

kazuhaさんによる、
アバターコースの説明はこうでした。

「日常生活と、
自分自身を含むすべての人、すべての事が、
心底いとおしく感じられるようになるはずです。
私は私であることが幸せだ、
という感覚を、
理解を超えて、「体験」できるようになるはずです。」

目の前にあるたくさんのカーテンをバーッと開けていって、
光が見えたような感覚だったそうです。

このあたりから、
アバターコースに対して、興味がわいてきました。

さらに、また別のヨガ友達のmioさんも、
受けてきたというではないですか。
彼女はヨガインストラクターなのですが、
ヨガを教えることにも役立つと書いてありました。
体験記も、ヨガをやってる人からの視点で、
かなーりおもしろくて、読み応えがありました。


ゆか。さんという方の体験記は、これまた壮絶でした。
なんと、噛みあわせが変わったんだそうです。
お父さんとの関係で感じていたストレスが、
アバターコースで取れ、
首の後ろが緊張で収縮していたのが、
解放され緩んだからだそうです。
そ、そんなことって。。。

ゆかりさんの体験記も、
すーごくおもしろかったです。
肩こりが解消し、
愛犬チャチャとの関係も良好になったんだそうで、
受けてみて本当によかったということが書いてありました。


たった数日間で、
なんでこんなみんなに効くんだろう?
って思いました。

自己啓発の本もいろいろ読んだり、
ヨガやったり、
瞑想したり、
断食したり、
滝にうたれたり(笑)、
いろいろやって、

昔よりはずいぶんマシになってきてたのですが、
わがままAちゃんには、
どう対処していいのかわからなかったし、
日常生活でも、
どうしたらいいんだろう?ってことがあったり、
頭ではわかっててもなかなか行動にうつすことができないし、
とにかく、いろいろあって、
そのアバターコースを受けてみたいと思うようになりました。

とりあえず、
アバターコースを受けた人、これから受ける人の、
集まりがあるということで、
アバターコースを受けた人たちの話しを聞きたくて、
先日行ってきました。


後半へ続く


Pocket

Posted in アバターコース コメントをどうぞ

ウユニ塩湖(ボリビア)

ずっと行ってみたかった場所でした。

見渡す限りの真っ白な平原。
これが全部、”塩”なのだから、驚きます。

ウユニ塩湖














ナタラジャアーサナをやってみた。
ウユニ塩湖














こんな遊びもできてしまいます。
ウユニ塩湖














ウユニ塩湖






















わたしが行った時期は乾季でした。

これが、雨季になると、
塩湖に水がたまり、空が水に反射して、
空の上を歩いているような感覚になるそうです。

雨季にもう一度訪れてみたいな。


Pocket

Posted in 旅のこと 9 Comments

空(ブラジル)

いろんな空を見ました。

空












空












空












空














*****************



こちらはイグアスの滝。
南米のスケールの大きさには、ため息が出ます。

イグアスの滝












イグアスの滝





















空


Pocket

Posted in 旅のこと 8 Comments

動物たち(ブラジル)

世界最大の湿原、
パンタナールへ。
日本の本州くらいの大きさだそうです。

野生動物の宝庫といわれるだけに、
たくさんの動物たちがいました。


アリクイ











↑アリクイ


へび





















↑巨大へび


アリ











↑アリ


ピラニア





















↑ピラニア


アルマジロ











↑アルマジロ


ワニ





















↑ワニなんて、
普通にそこら中にウヨウヨいました。


馬











↑馬

馬の写真を撮ってたら、
じょぼじょぼ・・・と聞こえるのでよく見てみたら、
正面の馬が用を足しているところでした(((( ;゚д゚)))
大変失礼いたしました。


Pocket

Posted in 旅のこと 4 Comments

多国籍ツアー(ブラジル)

ブラジル 












GAPツアー













ブラジル~ボリビア~ペルーと、
南米大陸を45日間かけて横断する、
地球探検隊というツアーに参加しました。

集合場所はブラジルのリオデジャネイロです。

ツアーといっても、
世界のバックパッカー達と共同生活しながら旅するというもので、
国際版『あいのり』といった感じ。

メンバーは、
イギリス、アメリカ、ノルウェー、アイランド
などから集まった9人でした。
ツアーリーダーはカナダ人女性でした。

すべて英語なので、
少しは英語が上達できるかなぁと、
ちょっとした留学気分でこのツアーに参加したんですが・・・


甘かった。


まずメンバー中、5人が10代!
これには驚きました。
ノリがね、、、
若いんですよ、、、。汗


おまけに、
ノンネイティブがいませんでした。
(ちなみにノルウェー人は、ネイティブ並みの英語を話します。)

1対1の会話ならなんとか大丈夫だったし、
ルームメイトの子と恋話とかして楽しかったんですが、
これがみんなの輪の中に入ると、
ほとんどだめでした。

だいたい夜はみんなでご飯を食べに行くんですが、
会話が早すぎて全くついていけないわ、
スラングは多いわ、
みんなが笑っていても、
なんで笑ってるのかわかりません。
みんなと一緒にいるのに孤独、、、みたいな。

ツアーリーダーはこう言いました。
「陽子って本当に勇敢だわ!英語も話せないのにこのツアーに参加するなんて。」

そんなはっきり言わなくても!笑

英語も勉強して行ったので、
正直へこみました。

がんばって発言すべきなのか、
自己アピールが足りないのか、とか、
いろいろ悩み考えました。

お酒を飲んで酔っ払ってみたらいいかも、
とかも考えてしまいました。←やけ

ホテルへ戻ってひとり英語を勉強したり、
できるだけ楽しもうと努力しましたが、
すっかり自信を喪失していたわたしは、
気づくととても物静かな人になっていました。

無口なわたし。。。

似合わない。。。

自分が、自分じゃないみたい。。。


ツアーリーダーがヨガをしている人だったので、
一緒にヨガの話しができたことが、
せめてもの?救いでした。

ツアー自体も結構ハードだったので、
精神的にも肉体的にも疲れ果てていたときに、
その人と一緒にヨガをしたんですが、
涙がぽろぽろ出てきました。
ほんとの自分に戻れたような感覚でした。

メンバーの中に、
とても親切な人もいて、
”写真撮ろうか?”とか、
”今の説明わかった?”
と、優しい言葉をかけてくれたときにまた、
涙がでそうになりました。

ちょっとした優しさが身にしみたなぁ。。。
友達からのメールとかにも、
だいぶ励まされました。


これは45日間の修行なのか!?
という感じでした、、、が、
今振り返ってみると、
自分を見つめるとてもいい機会だったかなぁと思います。


Pocket

Posted in 旅のこと 8 Comments

イースター島(チリ)

RIMG0488 












イースター












イースター













チリの首都サンティアゴから、
飛行機で約5時間。
向かうはイースター島。

乗客には日本人が全くいなかったのに、
たまたま私の隣は日本人の女の子めぐちゃんでした。
めぐちゃんも旅行が好きで、
2度目の南米旅行らしい。

そして2人で、
安宿で有名なキャンピング・ミヒノアへ。


めぐちゃんは予約してたけど、
わたしは飛び込みで行ったので、
その日はテントしかありませんでした。

テントかあ。。。汗

いや、テントでもいいんだけど、
雨が降ると浸水したりするって聞いてたので、
ちょっと不安。

でも着いたのが夜だったし、
仕方ないので、
テントに寝泊りすることにしました。

0時の消灯時間を過ぎると真っ暗!
海のすぐそばなので、
風がゴーゴーと音をたてて、
激しくテントをたたきつけます。
こ、怖い。。。

夜中、トイレに行くと、
地平線近くに真っ赤な月がでていました。
それもすごく怖かった。。。


でも1日もすると、
テントの狭さとか、地面のぼこぼこ感とかが、
逆に快適になってきました。
慣れってすごいなぁ。
結局、テントに3泊しました。

10人くらい日本人旅行者がいて、
1年間旅している人や、
イースター島だけに旅行に来た人、
イースター島が居心地がよくて何ヶ月もいる人など、
いろんな人がいました。
こういう出会いもまた旅行の楽しみのひとつです。

みんなでごはんを作って食べたり、
夜遅くまでおしゃべりしたり、
夜明けのモアイを見に行ったり、
レンタカーで島を一周したり。

モアイは思ってたよりも大きくて、
ミステリアスで、
天空の城ラピュタにでてくるロボット兵みたいな、
かわいいけど、
ちょっと切ない感じもありました。

島は、
時間がゆっくり流れていて、
草原の緑と、
海や空の青のコントラストがすごく美しかったです。


Pocket

Posted in 旅のこと 10 Comments