福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

Monthly Archives: 6月 2006

外国人ハウスへ引越し

はい、また引越ししました。
上京して1年半だけど、すでに3度目の引越し。
決して引越しマニアではありません。
今回はシェアメイトの都合で、
出て行かなければならなくなりまして(涙)。
引っ越した先はたまプラーザ!

わたしの荷物は
ダンボール10個+折りたたみ自転車。

上京してこの順番で住んでる。


●池尻(渋谷から1駅)
●目黒
●桜新町(渋谷から4駅)
●たまプラーザ(渋谷から14駅)
(どんどん都心から離れていってるなぁ。。。)



今回もまたゲストハウス。
(6畳の個室で、お風呂・キッチン・トイレは共同)
今回のハウスの住人は全部でなんと60人!
寮のような感じかな。
といっても会う人はだいたい決まっていて、
20人くらいしかいるような感じがしないけどね。


ここのハウスは外国人が多い。半分以上外国人かも。
今知っているだけでも、
アメリカ人、カナダ人、イギリス人、フィリピン人、トルコ人、ニュージーランド人、オーストラリア人。。。
外国人の友達がほしいとずっと思っていて、
なかなかできなかったのに、いきなりこんなにたくさん(笑)。
日本人の住人も英語で話してたりするので、
日常的に英語が飛び交っていて、まるで海外に住んでる気分。
毎日英語の勉強は続けてたけど、
こんな環境だとやる気も自然とあがるし、
すごく理想的な環境だなぁって思った。
がんばろ~。


ここは、いろいろな住人がいるけど、
みんなとっても親切でフレンドリーだし、
一緒にごはんを食べたり、ゲームをしたり、
毎日笑いが絶えない感じ。


そして一番気に入ってるのは、
車の騒音が全くないということ。
池尻のハウスは便利はよかったけど、
すぐ隣に高速があって騒音も空気もひどかったからなぁ。
ここでの朝は
いろんな鳥の鳴き声で目がさめる感じで、
まるで実家の鹿児島にいるみたい。
朝、ヨガを練習するのがすごく気持ちいい。


通勤はちょっと大変になったけど、
今の環境で楽しみながら生活していきたいな。


Pocket

Posted in 日々のこと 16 Comments

接客

洋服屋さんで、よく思うんだけど。。。


鼻にかけた独特の高い声で、
「いらっしゃいませ、どうぞごらんくださいませ~」
をひたすらリピートする店員さん。
あれってどうなんだろう、、、といつも思う。


先日のお店は特にひどかった。。。
(洋服は素敵なのだが。)
わたしが服を見ていると、
全員が同じような間隔で、同じような声で、同じセリフを言っている。
「いらっしゃいませ、どうぞごらんくださいませ~~」
あまりに何度も繰り返されると、
なんだか耳障りに思えてくるのは、
わたしだけではないはず?
途中から笑えてきてしまった。


それならまだ、だまって笑顔でいたほうが
ずっといいんじゃないかと思うのだけど。
だって、全く気持ちがこもってない。
ファーストフード店などで、
セリフをマニュアル化するのはわかるけど、
洋服屋さんでそうする必要があるのかなぁ?



うちの近所にある、
自然食品のお店。
よくここで野菜を買うんだけど、
ここの店長のおばちゃんの接客は、
ほんといつも感心する。
いつも温かい笑顔なので、
顔を見ただけでホッとする。
おすすめのものとかを教えてくれたり、
ちょっと閉店時間をすぎて片付けしてるときに
「もう閉店ですか?」と聞くといやな顔をせずに入れてくれたり。
この間は、そのお店で買い物したあと出口で、
「もっていきなさい(にこっ)」と言って、
わたしのバッグにさやえんどうをしのばせてくれた。
こんなこと東京に来て初めてだったので、
なんだかすごーく嬉しかった。
なんといってもその「気持ち」が嬉しかった。
大事に食べた。


そのお店に足が向くか、向かないか、
接客って大切だなぁ。。。


Pocket

Posted in 日々のこと 10 Comments

ヨガサークル終わり

勤務先の会社でヨガサークルを作って、ちょうど一年経った。


会場が耐震工事のため使えなくなり、
他にいい場所が見つからなかったので、
残念ながら6月で終えることになった。


わたしが今、勤めているところは、
食品の原料を取り扱う会社。
上京したときは、
ヨガ関係の仕事がしたいと思っていたけど、
なかなかなかったし、
アルバイトだと東京で生活していくには厳しかったので、
派遣で働くことにして、
今の会社に入社した。
ヨガとは全く関係のない仕事だけど、
まさかそこでヨガを教えることになるなんて、
はじめは夢にも思わなかったことだ。

そういえば、
ある派遣会社に登録するとき、
趣味を聞かれて、
「ヨガのインストラクターになりたい」と
ばか正直に言ってしまい、
「仕事はそんなに甘くないし、就職する会社に対して失礼だ」と厳しい言葉を言われたことがあったなぁ(苦笑)。


ヨガをやってみたいという人がいて、
はじめは4人くらいではじめたサークルだったけど
最終的には20人くらいになった。
週に1回だったので、
約50回クラスをしたことになるのかぁ。
わたしも教えるのは初めてだったし、
ヨガは初めてという人がほとんどだったから、
一緒に成長させてもらったという感じがする。


教えるのって
難しいけど楽しかった。


「ヨガってほんといいね」とか
「これからも続けていきたい」とか
そういう風に思ってもらえたことが
何よりも嬉しかった。


この大切な一歩を与えてくれた
みんなに心から感謝しながら、
これからもがんばります。


花


Pocket

Posted in ヨガのこと 20 Comments

スニーカー派?ヒール派?

気分によって変わるけど、
最近は、ヒールの靴をはきたい気分。
(sex and the city の影響か!?)


ヒールの靴は、足が綺麗に見えるし女性らしい気分になる。
スニーカーは、なんといっても歩きやすい。
ただ、毎日ヒールだと足がつらいので、
最近は、交互に履いていくことにしている。



先月、
久々に気に入った靴を見つけ、
高かったけど奮発して買ってしまった。
ヒールが7cmの女性らしい靴。


デビューの日、
家を出て数分で足が痛くなる。
ところどころが赤くなり、
会社に着くころには、すでに皮がむけてる。痛い。。。
ばんそうこうを二重に貼ったりして応急処置したけど、それでも痛い。
つらい、つらすぎる。
まるで拷問だ。
家に帰る距離がどれほど長く感じたことか!



それ以来、
出かけるとき玄関で葛藤するのだが、
「うーーーーん、却下」
却下続きの日々。
履く勇気がない。
あぁ、せっかく買ったのに!


このままではいけないと思い、
履いていくうちに足になじむことを祈りつつ、
また昨日履いてみた。
気合を入れて。
Oh, No!!
やっぱり痛い(涙)。
拷問、再び。

家に帰ると、靴をすぐに脱ぎ捨て、
はだしの幸せさをかみ締めた。
ハイジがうらやましかった。

これじゃあ
おでかけ用のはずが、
「今日はまっすぐ家に帰るとき」か、
「近所のスーパーに行くとき」しか履けないじゃないか。
悲しすぎる。。。
年をとっていくほど、足がちっちゃくなると聞いたけど、
それを待つしかないのか?
いや、がんばって履くぞ。
月に1回は履くぞ(すでに弱気)。


みんなもそういう靴ってない?
すごく気に入ってるのに、出番のない靴。。。


おしゃれをとるか、履きやすさをとるか、
女って大変だわね。。。


Pocket

Posted in 日々のこと 25 Comments

ヨガワークショップ at 聞修院

今日は、聞修院という寺院での
音楽とヨガのイベントに参加してきた。

main





ござの上にヨガマットを敷き、久々の野外ヨガ。
きれいな空気に緑の匂い、
そして寺院の神聖な空間。
やっぱり野外ヨガはいいな。

ヨガイベント



みんなで太陽礼拝



ヨガ



楽しい~



ハグヨガ



ハグヨガ?



ヨガの後は、
GOMAさんのライブ。
世界最古の木管楽器”ディジュリドゥ”の奏者。
長ーーいパイプを口にあて、
ブォーーーン、ブィヨーーーン。
からだの中に響く不思議な音。

よく見ると息継ぎしていない。
この呼吸法、
「口から息をはきながら、同時に鼻から吸う」のだそう。
そんなことできるんだ!

goma







自然と音楽とヨガ。
この組み合わせって最高です。


Pocket

Posted in ヨガのこと 11 Comments

やっと!!

自分を知る
自分を愛する
自分を信じる

それはとても大切なことだと思う。

でも、ここのところ、
自分に自信が持てず、
人と比べて焦ってしまったり、
ひとつのことに集中できなかったり、
なにかと意識が散漫していた。
そこから抜け出そうと思い、
日記に思いのままを書いてみる。
それでもイマイチわからない。
ヨガをしていても自分が見えてこない。
進歩してるのか後退してるのかわからない。
どうもすっきりしない気分が続いた。


それが今日、はっきりくっきり見えた!
自分の行く方向が。
すごくシンプルなことだった。
どんより曇っていた空がパーッと晴れていく感覚。
気づかせてくれたのは友達だった。
おしゃべりなわたしたちは
夜遅くまで、お腹をかかえるほど笑って、
真面目な話もいっぱいした。
話していくうちに、頭が整理されていった。
そっか!!と気づくことがたくさんあった。
気づかせてくれた。

今のわたしは、多くのことをやりすぎていた(欲張りすぎていた)。
やりすぎていたのに、またさらに増やそうとしていた(オイオイ)。
大切な目標に日付を入れていなかった。
やることの優先順位を決めていなかった。
将来どうなりたいのか実はよくわかってなかった。
意味もなく焦っていた。

とにかく曖昧だったのだ。
すべてに対して。


それがわかった。
肩の力が抜けて、気持ちが楽になった。
体の中に溜まっていたつかえがスルーッと流れ出た。

だめな状態のときも、
いい状態のときも、
「そっか、今日はこういう自分だったのね」と受け入れていこう。
ゆっくりコツコツ、焦る必要なんてない。

転んでたくさんすりむいたけど、
今日初めてちゃんと立ち直れた気がする。
そしてそのおかげで、いいものとの出会いもあった。
きっとその出会いは今後の人生を左右するくらいの
かなり重要な出会いだと思う。
人は大きい痛みがあったときに、成長できるものだけど、
それを改めて感じた。

今日の帰り道は、
ものすごくすがすがしい顔になっていたと思う。
あぁ、やっと抜け出せた。
嬉しくて泣きそう。
ナマステ!


Pocket

Posted in ヨガのこと 2 Comments

献血

献血というものをしたことがない。
なんていっても、注射がこわい。
こわすぎる。
針が太いって聞くし。


でも、母は献血をたくさんして表彰されたくらいだ。
それなのにわたしがこんなことではいかん。
乗り越えなければいけない壁のような気がしていて(笑)、
いつかはやるぞと心に決めていた。


そんなとき、駅にとまっていた一台の献血カー。
赤十字社の男性がスピーカーで呼びかけている。
まるでわたしに訴えているように聞こえる。
よし献血、やってみよう。。。
そう思っただけで、
左腕が、注射をされているような気持ち悪い感覚になった。


どきどきしながら
受付に行き、渡された用紙に記入する。
「注射はどれくらい痛いんでしょうか?」
わたしのこんなアホな質問にも、
受付の人が優しく対応してくれた。
わたしの場合、初めてなので
検査のための注射と、採血のための注射、
計2回、注射をしなければならないらしい(泣)。
隣の人は、献血を何度もしているのか、
なにくわぬ表情をしている。

受付を済ませ献血カーに入った。
献血をして貧血になった人がいて、
看護士さんがあたふたしている。
ひえー。こわいよー。こんなときにやめてー(涙)。
できるだけその人を見ないようにしながら、
深呼吸をして順番を待つ。


そんなハプニングがあったり、混雑していたこともあり、
わたしの番がきたのは受付から1時間後くらい。
どきどき。
看護師さんが受付シートの最終チェックをする。
「ピアスによる、かぶれはないですねー」
「え?・・・・少しかぶれてるんですが。。。」


結果、
金属アレルギーということで、献血できず。

「かぶれが治ってからまたきてくださいね」
「はい・・・(苦笑)」


献血後の、
あたしやったよ!的な自分をイメージしていたのになぁ。
この緊張しっぱなしの1時間は一体。。。


Pocket

Posted in 日々のこと 20 Comments