福岡市南区大橋にある小さなヨガ教室「ヨガスペースひだまり」代表・鈴木陽子のブログ

予約・お問い合わせ

だいぶ元気になってきた母。

先日は、祖母の一年忌を無事に鹿児島で終えてきました。

ちょうど1年前の今頃、東京から鹿児島へ引き上げて、
そのすぐあとにばあちゃんが亡くなって、
その半年後に父が亡くなって、
急にさみしくなってしまったけど、
集まった親戚と、ばあちゃんや父を偲んでとってもいい時間を過ごすことができましたぴかぴか(新しい)


おかげさまで、わたしの母もだいぶ元気になりました。
先月産まれた初孫に夢中の様子揺れるハート



748717_264702725_83large

























そんな母も最近ではインターネットができるようになり、
最近はyou tubeで好きな音楽を聴いたり、大好きな猫の動画を見たりして楽しんでるみたいです。

それに、「特打」というブラインドタッチを練習するゲームに夢中で、
下を見ないでもかなりのスピードで文字が打てるようになっています。
鹿児島に帰る度に上達していてびっくりします。笑

わたしのブログにもコメントを書き込めるようになりました。
コメント欄なのにメールみたいな内容です。


6月に母がくれたコメント ↓

土日東京かー忙しそうだねー鹿児島はやっと雨ですあじさいの花がいきいきしています山下さんがお父さんのビデオおくださり久しぶり喋っているお父さんに会い不思議な感じでした。特打は少し上手くなったけどまだまだ難しいですそのうち早く打てるようになればいいなー肩がかちかちになってます絵文字などまだこれからですいつになったらすらすら打てるやらー



「を」が「お」になっている(笑)
まさかこの歳になって自分がパソコンを使えるようになるなんてexclamation ×2とすごく嬉しそうでした。



歳をとってくるとみんなそうかもしれませんが、
うちの母は、同じ話を何回もする癖があって、
それが続くと、「あーまたかー」ってうんざりすることがしょっちゅうありました。

で、それがあまりに頻繁だと、
「その話し、105回目だよ(笑)」なんて冗談混じりの意地悪を言うときもあったんですがたらーっ(汗)

先日、アバターのワークをしていたら、
わたしは人を修正しようとする癖があることに気付きました。

「もっとこうしたらいいのに」
「もっとこうしたら良くなるのに」って、

口に出さないまでも、いつもどこかで思っていたんです。

わたしはどこかで、
「わたしは意識のこと勉強してるんだから、なんでもわかってる」
みたいに思って、どこかで相手を修正しようとしてたんですげっそり

母に対してはもちろん、誰に対しても。
そんな自分にゲゲーッって思いました。


同じ話を何度もする母に対しても、
「どうして話しするときに気づかないんだろう?」なんて思ってて。
むしろ、その話はもう聞いたよって修正してあげるのが、優しさだなんて思ってる部分もありましたが、単に、何度も聞くのがめんどくさいだけだったんですよねあせあせ優しくない娘ですね、ほんと。


一番大切な母親に優しくしてあげたい。
それを頭ではわかっているのに、できない自分にイライラしていました。




でも今回、母と一緒に過ごして、
そのままの母を感じてみました。

相手を変えようとせずに、
一緒にいることをただ楽しんで、
聞いたことがある話しもうんうんと聞きました。

そしたら母もとてもうれしそうで、
お互いとてもいい感じでしたぴかぴか(新しい)

そのままの相手を味わって、
そのままの相手を感じて、
そのままの相手に感謝して、
ただ一緒にいることを楽しんだらいいんだなーって。


答えはとてもシンプルでしたわーい(嬉しい顔)すっごい基本的なところに立ち返りましたぴかぴか(新しい)

鹿児島に帰ると、パソコン操作でわからないところをノートに書いておいて質問してくる母わーい(嬉しい顔)これからも母といい時間を過ごしていけたらいいなあと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。